SOTO COFFEEについて

茨城県水戸市に2018年4月1日オープンのコーヒーをメインとしたコーヒーショップ。


SOTO COFFEEの店名の由来は

アウトドアが好きで、外で飲むコーヒーが格別に旨いと思っていたことと

お店で淹れていただくコーヒーがやっぱり美味しいと感じていたから。


おうちで淹れるコーヒーももちろん美味しいのですが

人に淹れてもらったコーヒーが美味しく感じます。

気分転換に外の空気を吸いつつ、いつものコーヒーショップで飲むコーヒーは

ホッとしたり、いろんなことがひらめいたり、楽しく仲間と話しをしたり

豆の状態や抽出条件だけではない、コーヒーの味が

さらにおいしくなるようなスパイスがあるのではないかなと思います。

そんな空間をコーヒーと一緒に提案できたら、と思い

ようやくオープンすることになりました。


場所は、お酒を取り扱うお店の多い「泉町仲通り商店街」。

入口にはインパクトのある門看板

通り沿いには提灯が並び、レトロな雰囲気を漂わせる短い商店街の一角にあります。

当店はお酒の提供はありませんが、お酒が飲めなくても、ひとりでも

ぷらっと立ち寄れるような空間になれればいいなと考えています。


自家焙煎豆を使用したドリップコーヒー・エスプレッソドリンクなどのコーヒー類の他

ちょっとした焼菓子、軽食も合わせてどうぞ。


Kuricoffee Projectとは

SOTO COFFEEの前身。

焙煎豆販売やイベント出店時に「Kuricoffee」として活動。

現在使用されているクリマークはこのKuricoffee時代から使用しています。

まだお店もなく、おいしいコーヒーを提供するにはどうしたらいいか

コーヒーをもっと楽しむにはどうしたらいいかを研究しているチームとして

現在も活動しています。